忍者ブログ
円茶の暇つぶし日記
ようこそ我が家へ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

放置してました、皆さんお久しぶりです

今回はふざけは抜きで

とりあえず自分は関東在住ですが怪我もなく無事です
このブログを未だに見てくださってる方がいたらコメントで安否を教えてくれるとうれしいです

宮城や岩手、福島など直接の被害にあった方々の冥福をお祈りします


正直な話、計画停電実施の段階になって先日の地震の揺れを思い出して少々手が震えてしまいました

イマまで地震に対してこれといった恐怖はありませんでしたが、今回どれほど恐ろしいものか
片鱗を味わって認識が甘かったと反省しています

現在自分はコンビニでアルバイトをしていますが、物資が少ない状態でコンビニやスーパーといった店がどれだけ生活に必要か考えた上で自分に出来ることをしようと思います

皆さんもこれからしばらく大変でしょうががんばってください

また一応mixiを始めたので下にURLを残しておきます

では、皆さんお気をつけて

https://id.mixi.jp/37170526

PR

バイトの帰りにチャリで電柱に頭からぶつかって
弁当ぶちまけて
チャリのチェーン外れて
めがねが折れて
水溜りにケツから落ちて
色々な場所怪我した(。・ω・)ノ゙ エンチャです

ぶっちゃけ笑えなかった

さて、前回のブログで近いうちに更新といいましたが

すまん、ありゃ嘘だったようだ


まぁ、更新しよう更新しようとは思ってたんですが
意外と学校があったりバイトがあったりといまいちやる気が出ず
結局いつも通り月1になっちゃいました(*´ω`*)

それに近況報告といったら上に書いた電柱激突事件ぐらいなんで
このまま前回の続きといきますかね



さて、では2日目ですが朝ご飯を食べた後は
すぐにホテルを出て温泉街を探索することにしました

一応500円で一日乗り放題の観光バス的なのはあったのですが
せっかくだから歩こう!という単細胞な考えに行き着いて
ひたすら歩きまわりました

結果として朝8時に出発して夕方4時にホテル帰還
山道が多く、あまり休憩も取らなかったのでマジで死ぬかと思った

特に一番最初に行こうと決めた場所が片道2時間の山道という
景色はきれいなんですが、ずっと上り坂
目的地まですぐ着くと思ったけど、どうやら地図では車を前提としたものだったらしく
歩けど歩けど先が見えませんw

それに俺若干方向音痴なので、たまーに出会う現地の方々に路を聞きながら
遠回りして歩いて進んでいたようですw

IMG_0208.JPGIMG_0213.JPG







IMG_0214.JPGIMG_0218.JPG







歩いた道の途中です

しかしっ!

この山道をヒーヒーいいながら登っていると
俺の目の前で車が一台ゆっくりと停車したのです

「お?」って思っていたら、助手席の窓が開いて気のよさそうなおじさんが
「兄ちゃん、旅行者かい?山道きついだろ!乗せてってやるよ!」
と声をかけてくださったのです!

さすがに超びっくりしました、まさかこんなドラマ的な出来事が起ころうとは・・・!

せっかくの好意だったのでそのまま車に
移動中に自分が一人旅であることなど話しながら目的地まで数10分

お礼を言って握手をしておじさんと別れました
人の優しさに触れた瞬間ですね、まさに旅!って感じですw

さて目的地ですが、水上に割と最近出来た温泉で
隠れた名所と呼ばれるような場所らしいです

名所と呼ばれるのが納得できるほど温泉は気持ちよく、また硫黄の香りも心地いい
そして露天風呂の裏手にある滝と川がすごく壮大なもので感動しました
残念ながら温泉にカメラを持ち込めるようなものを忘れてしまったので
外で取った温泉の写真をカメラに収めましたw
IMG_0219.JPGIMG_0220.JPG









さて、その後は来た道を2時間かけて引き返し
そのまま諏訪峡大橋へ向かうことに

この橋までがまた遠い遠い・・・
その道中で色々な場所に寄りましたが、サンサン照りの太陽のおかげで
汗が半端無かったです

めっちゃいい天気だったんですよ
上の写真見ていただければわかると思うんですが真夏の山道
超いい天気
いくら山の風が気持ちいいといってもあの太陽は体力をどんどん奪っていきますねw

そんなこんなで「なんで俺こんな歩いてるんだろ」とか思いつつ
なんだかんだで現状を楽しみつつ諏訪峡大橋へ
IMG_0228.JPG







こんな道を歩いて

IMG_0229.JPG










着いた!

IMG_0232.JPGIMG_0231.JPG










そして橋からの景色

たっけぇ・・・・・

ちなみにこの橋日本一のバンジージャンプがあるらしく
実際にバンジーをやってる人たちが何人かいました
残念ながら1回8000円ぐらいなんで俺は出来ませんでしたがw

写真だと伝わりづらいんですがこれがまた高い高い・・・
さすがにあの高さは怖すぎるレベル、一回はバンジーやってみたいですが
まぁ、それは今度のお楽しみということでw

その後は諏訪峡遊歩道というものを1~2時間ほど散策しました
IMG_0235.JPG
IMG_0234.JPG








遊歩道入り口下にあるトンネル
IMG_0236.JPGIMG_0237.JPG










トンネルを抜けるとそこは・・・・

IMG_0238.JPGIMG_0239.JPGIMG_0240.JPG










普通に川でした

IMG_0243.JPG








釣りをしてるおっちゃんを撮りつつ、遊歩道を進むことに

IMG_0248.JPGIMG_0251.JPGIMG_0252.JPG










ひたすら歩いて

IMG_0253.JPGIMG_0254.JPGIMG_0255.JPG









IMG_0256.JPG








景色を撮って

IMG_0257.JPG










最後にホテル近辺にいた猫さんを撮って帰還!

夕飯までは温泉に浸かったりしてゆっくりすごしました
夕飯後はピアノの演奏会なるものがあったのでゆっくりと拝聴させていただき

BARでお酒を飲んで、その場で知り合ったおばちゃんたちとカラオケをして
BARのママさんと色々人生について教えていただき閉店までいさせていただきましたw

そんなこんなで二日目終了

三日目は朝飯を食べ、最後のお風呂に入り
お土産を選んで送迎バスですぐに駅前へ

前回のブログにも書いた通り大盛りうどんを食べた後に電車でゆっくり帰還しました

IMG_0261.JPG












さらば水上!また来るぜ!





以下コメント返し



うにょさん>森林浴と日光浴してきました、めっちゃ焼けました!

とーや>残念ながらそのネクソンIDすら消えてるというオチなのさ
      一人でゆっくり出来てめっちゃ楽しかったぜ!卒業旅行で友達と行く予定w

翼>素敵な場所だったよー、料金も安いしめっちゃお勧めだね!

へびこ>田舎の人の優しさに沢山触れたよー、心があったかくなることいっぱいあったぜ



 

こんにちばんわ(。・ω・)ノ゙ エンチャです

前回記述したとおり水上に一人旅にいってきました
暑いことは暑かったですが、比較的東京と比べてとてもすごしやすい温度でした

しかも天気は快晴!色々と行動しやすくて助かりましたw

では一日目から振り返ってみたいと思います
ちなみに例によって例のごとく写真はクリックで拡大できます

朝9時頃に家を出てから電車をいくつか乗り継いで3時間半で水上に着きました
IMG_0179.JPG







宮部みゆきの「名もなき毒」をゆっくり読んでいたので距離はそんなに長く感じませんでした

到着したのは1時半、迎えのバスが来るまで1時間以上あったのでお昼を食べることに
そこでお世話になったのが
IMG_0260.JPG









ここ、そば屋の「さくらい」
水上駅前にあったそば屋さんでそこでカレーうどんを頼んだですが
これがすごくおいしい!
しかもそこにいたおばちゃんと軽く話して仲良くなりましたw

あまりにも自分のツボにヒットしたので旅の帰りにまた寄ります、といったら大盛りサービス
してくれるとのことw
先に記述しますと最終日に寄らせていただいて、無料で大盛りサービスさせていただきましたw
また水上に行くことがあったら立ち寄らせていただきたいと思います

その後はバスが来るまで周囲を探索していました
利根川がすぐそこだったので遊歩道や駅沿いを軽く歩きました
c91f2ee3.JPGIMG_0182.JPGIMG_0183.JPG







IMG_0184.JPGIMG_0185.JPGIMG_0187.JPG











さてさて、そんな感じで景色を楽しんだ後にバスに乗り宿泊先であるひがきホテルへ
IMG_0203.JPG










ひかりの加減で見づらいですが、外も中もとてもいい感じ
宿泊費が1日1万2000円ぐらいとは思えない綺麗さ

IMG_0192.JPG







部屋も綺麗で広く、一人ではもったいないレベル
正直最初に「え?いいの?」と思いましたw
IMG_0193.JPG







窓からの景色も悪くなく、窓から景色を見ながら読書も中々乙なものでした

さて、では今回の目的である温泉!
温泉は千山、万水とありそれぞれ2:30と13:00にお風呂を男女で入れ替えるといった形式です

男湯(深夜から朝は女湯)
IMG_0195.JPGIMG_0196.JPGIMG_0197.JPG










女湯(深夜から朝は男湯)
IMG_0199.JPGIMG_0200.JPG










また前述した宿泊費からは考えられない夕飯と朝ご飯でした!
しかも個室部屋でゆっくりと食べられるという素敵設計
こんな食べられるの?って感じでしたが、すごくおいしかったのでぺロリとなくなりましたw

夕飯
IMG_0198.JPGIMG_0258.JPG








朝ご飯
IMG_0202.JPGIMG_0259.JPG








正直2,3日じゃ足りないと思いました

もっとあのご飯を味わいたかった・・・ッ!



そんな感じで1日目は温泉やご飯に感動しつつ、部屋でテレビを見たりして過ごしました

思ったより長くなってしまったので二日目以降は時間のあるときに更新しようと思います

コメント返しもその時まとめてしようと思います!

ではでは今回はこれまで(。・ω・)ノバイバイ


テイルズウィーバーのアカウントが多分消えた(。・ω・)ノ゙ エンチャです
久々に見てみようとしたらログインできなくて笑ったw

さてさて夏休み真っ盛りのなかから皆さんコンニチハ
俺は今ものすごく夏をエンジョイしてます

それに比例してお金の減り方がおかs(ry

まぁ、その辺は気にしたら負けってとこですかねw


大学生の夏休みは9月末まであるわけですが、この大型連休を利用して
前々から憧れていた一人旅というものをしてみようかと思っています

といっても2泊3日の小旅行ですが
まるで傷心旅行のような日程ですが、別に傷心というわけでもないですw

(^q^)アウアウアー

理由としては純粋に一人で温泉いってのーんびり、まったりしてみたいというのがあったのでw

ちなみに向かうのは群馬水上の「ひがき温泉」というホテル
ttl_main.jpg




http://www.higakihotel.co.jp/

温泉、料理、施設と値段的にもすごくいい感じなのでここに行ってこようと思います
旅行日程は9/10~9/12なので次回の更新でどんな感じだったか載せますね(。・ω・)ノ

もしいい場所だったら今度は友達とでも行ってみたいものですな~



さて、今回も夏らしくホラーな話を一つ載せておこうと思います
ちなみに今回のは昔、俺が小学生から幼稚園ぐらいの時の話なので
俺自身の記憶ではなく親から聞いた話になります

ただしあらかじめ言っておくと、確かにそういう事象があったということは記憶の
断片にあるので親の嘘というわけでもないのが微妙に怖いところです
それと残念ながら今回はオチがありません
ですので、ホラーが苦手な人でもおそらくそこまで怖い話、というわけでもないかと

では以下から


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
さて、まず俺の家は少し特殊な作りになっていまして、外観はよくアパートや
マンションと間違えられる3階建ての一軒家です

で、今回話す現象が起きたのが3階の玄関の扉前(以下画像)
genkan.jpg










少し見にくいのは光の加減ですのですみません

で、一時期この玄関の以下のマルで囲んだ部分に不可解な
水溜りが出来るといった事件が数日続きました
genkan2.jpg










一般的には水漏れや雨漏りなどといったことが原因であると考えるでしょう

しかしこの現象が起きた当時は雨が降るといったこともなく
また水漏れと考えられるような水道管や箇所はなく
垂れてきたならば「いったいどこから?」といった感じでした

さらに一般的な雨漏りや水溜りならば水滴が垂れてきて
徐々に水溜りが大きくなると思います

ですがそういった水滴はなく、いつの間にか一定の大きさの水溜りが出来ていたそうです
しいて言うならば人が立っていたぐらいの大きさの水溜りがいつの間にかそこに出来ている、とのこと

カメラを仕掛けたりしても原因はわからず、謎の水溜りは数日の間続きました

さて、とある日の話です

数日のように水溜りを目の前にして悩んでいた俺の母と祖母は
とりあえず水溜りを雑巾でふき取った後、もやもやした気持ちの中部屋に戻りました




と、次の瞬間




「バシャッ」っと水を撒いたような音が聞こえたそうです

急いで玄関に行ってみると、そこには何故か件の水溜りが・・・

その当時は母と祖母以外家には誰もおらず、二人はちょうど一緒にいたそうです

では一体誰が・・・?

拭いても拭いてもいつの間にか溜まっている水溜りの正体はやはり霊的なものなのか?

残念ながらオチがなくて申し訳ないですが、これに関しては原因がわからず
いつの間にか水溜りは消えてしまったそうです

母が言うには親族に水関連の不幸があった人はおらず、誰かが亡くなったことを
知らせに来たという点でも近い不幸はなかったそうです

我が家は霊の通り道なのか、それとも引き寄せやすいのか
俺が体験した過去の霊現象のように多くの話がありますが

おそらくその話の中で一番謎の多い現象だったと思います


-------------------------------------------------------------------------------------------------------

そんなこんなで今回は少しモヤモヤの残る不思議な話

一言で言うと我が家ではよくあること


先日友人も俺の家で謎の手を見たばっかりですしねー

たまーに背後に気配とか感じる瞬間があるので怖いですね


出来れば個人的にはなんでそのような現象が起きたのか、というのは知らないままで
いいかなと思いますw

触らぬ神になんとやらですね(;・ω・)

さてさて、では次回は一人旅についての更新になりますね
無事楽しめることを祈って今回はここまで(。・ω・)ノバイバイ

以下コメント返し

翼>結局旅行は群馬に行くことにしましたとさw
   詳しくは来月をお楽しみに(。・ω・)

   今回のはホラーっていうか不思議な話だから見てみることをお勧めするよw

へび>ちょーめんどくさかったけどレポートがんばりましたー
     合宿はお疲れ様

     リア充滅びろ
今さっきまでゴキブリと格闘してました(。・ω・)ノ゙ エンチャです

最初は冷静だったけど足の間に移動された瞬間取り乱した

ミサイル!!ミサイルはどこだ!?

ちなみに彼は現在トイレに流されて水道管の中を絶賛漂流中です


しかし今年は暑いですねー、今日とか37度ですよ
クーラーの効いた部屋でぬくぬくしてたいです

まぁ、レポートとテストとバイトに追われて今それどころじゃないけどな!!

しかしテストが終われば大学が夏休み




夏休み





夏休み!





なっつやっすみいいいいいい

きゃっほおおおh・・・ゲッホゲホ



失礼、取り乱しました





大学が休み入れば多少バイトがきつくても睡眠時間や遊ぶ時間は確保できるので
心にゆとりができますしね

それに勉強もしなきゃいけないので邪魔な大学はさっさと休みに入ってもらいたいものです



そうそう、今年の夏休み中に短期で旅を考えています
バイトの貯金もそれなりにたまってるし、使い過ぎない程度に
どっかにぶらぶらと旅したいですw

プランとしてはホント色々あるんで資金次第ってとこですね


例えば飛行機で北海道にいってみたり
鎌倉や京都に観光しにいったり
箱根や熱海といった温泉地にいってみたり
はたまたどこか有名な寺や山、資料館など
とりあえず自分の足と電車とかで遠くにいってみたいです


夏だから体力ガンガン奪われる気がしないでもないけど
だからこそ旅はいいのさ!っていう俺は異端でしょうかw


さて、夏といえばなんでしょうか

なんか去年もこんなこと言った気がするけど

そう!今年もやるよ!

THE・怪談話

以下怖い話苦手な人は一番最後まで飛ばしちゃってください
ちなみに今回はちょっと有名な都市伝説を2個乗せようと思います


-----------------------------------------------------------------------------

とある女子高生が学校帰りに路地の影に隠れていた変質者に襲われナイフで滅多刺しに
される夢を見た
あまりの生々しい悪夢で目覚めた彼女は一日中その夢を忘れることができなかった

そして例の路地にさしかかったときその不安はよりいっそう大きいものとなった彼女は
母親に電話して車で迎えに来てもらうことにした

そして待ち合わせのコンビニで雑誌を読んで時間を潰した彼女は
迎えに来てくれた母の車に乗り込んだ

「あぁ、あれはただの悪い夢だったんだ・・・」と安心した彼女は
バックミラーに写る男に気づいた

その男はなんと夢に出たあの変質者だったのだ





そして変質者はニヤリと不気味な笑みを浮かべ、こう呟いた










「夢と違うことをするなよ」

------------------------------------------------------------------------------

ある女の子が、両親の留守に一晩夜を明かすことになった。

彼女は用心のために家中の窓という窓にしっかりと施錠していったが、一つだけどうしてもかぎをかけられない小さな窓があった。どうしようかと少し悩んだが、小さな窓だったし、愛犬も一緒にいることだし大丈夫だろうと思って、そのままにしておいた。


しかし、夜半に何かぴちゃぴちゃと水の滴るような音がするのに気がついて、彼女は目を覚ました。何が起こっているのか不安だったが、結局それを確かめに行く勇気はなかった。その代わりにベッドの下で寝ている愛犬のほうに手を伸ばすと、手を舐め返してきた。そのことを確認して一心地つき、彼女は再び眠りについた。


翌朝彼女は、リビングで首を掻ききられ、天井からつるされている愛犬の姿を発見した。水の滴るような音は、犬の傷口から流れ出た血が床を打つ音だった。

そして、リビングの壁には犬の血でこう書いてあった












『人間だって舐めるんだぜ』



------------------------------------------------------------------------------------


と、いうわけで今回もリアルな人間が一番こえーよって話でした

ちなみに変質者系の有名な都市伝説2種ですね


ではではちょっと体が冷えたところで今回は(。・ω・)ノバイバイ

寝るときは気をつけてくださいね^q^



以下コメント返し



うぴ>遊びに来るまでもうすぐなんだから我慢しなさいw



翼さん>それが本当に利己主義なのか?って考え方の人もいるけどね
      なにはともあれ、この手の考えは人によって全然違うし答えがないからね
      じっくり考えるといいさw

      ほんとなんでバオバブなのか教えてほしいわ・・・w

忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
プロフィール
HN:
円茶
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1988/03/03
職業:
大学生
趣味:
テニス、読書、ゲーム、音楽
自己紹介:
TWトラバチェス,完美ベテル、アラド戦記で活動中の変態紳士とは俺のこt(ry
もしどっかで俺に気づいてしまったら声かけてくださいw
(。・ω・)ノエンチャ♪
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/28 翼]
[10/02 へこ]
[09/30 とーや]
[09/23 unyo(扇風機)]
[09/22 翼]
バーコード
忍者ポイント広告